• ホーム
  • コンセプト
  • メニュー&料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • ブログ
  • サロン案内

2016年10月

【成功】と【失敗】

備忘録もかねて。
 
この話を書くと自分自身も痛いのですが、振り返りと内省の意味も込めて。
 
よく【成功】【失敗】ということを聞きます。
いつも思うのは何を持って成功とし、何を持って失敗とするのか、ということ。
 
私は失敗と思った瞬間にそれは【失敗】になると考えていて、成功するまで淡々とていねいに積み重ねて行けば、必ず辿り着く場所がある、と思うんですよね。
その場所は、最初から思い描かなくても、ちゃんとブレずに淡々と進んでいけば必ず行けるところで、そこが【成功】で良いんじゃないかと思うのです。
つまり、諦めないでコツコツやってれば、どうにかなっていくもんなんだ~ということを、感じられるようになってきているのです。
 
私もサロンをやっているからわかるんですけど、店という【器】を作ると、ついついその器を満たすのはそこに来るお客さんだったりそこの店の売り上げだと設定してしまうんですね。
つまり、店を開いた事による、これも【枠】だと思うのです。
この器はお客様が来ることでしか満たせない!と思い込んでいるから、そのお客様が来なければ『失敗だ!どうしよう!』となる。
そんなことをいったら、私の今のサロンなんて間違いなく失敗ですよ(笑)
でも、その器を満たすものはなんでもいい。お客様でも売上でもその他のものでも、なんでもいい。例えば私はサロンなので、サロンのお客様以外でもなんでもいい。にすると、案外満たされ初めていくものなんですよ。
 
また、良くありがちなのは、この場所は「これこれこうだから、こういう人や物以外は無しで」としてしまうと、満たされるまですっご~~~~~く時間がかかってしまうことになる。
もしくは、すっご~~~~~~~くたくさんの努力や労力が必要になるわけです。
でも、それも自分で決めてるのね。
絶対こうだから、こうします!(強い枠)→だからそのためには、たくさんの努力と労力を使います!(って宣言してるようなもん)→でも、そんな努力と労力使うのツライです。。。→やっぱりやらなきゃ良かった。失敗だ。。。
と、まぁ、こういう流れになってくる。
必然の流れですよね。
 
こういうことに、多くの人が陥っているな~と感じているのです。
私もかつてはそうでした。いや、今でも時々そうなっちゃうかな?
 
そこから軌道修正するには、どうするか。
 
まず、スタート地点に戻ること。
ズレたまま軌道修正しても、ズレたままなんですよ。
一番最初に戻って、その器が全くなかったときに自分にまず戻って、何をしたいのか改めて整理してみる。
一番大切なことを一つ決めて、そこから繋がるところに、その次に大切なことを2つ3つ書く。
そうしたら、もうそこからぶれない。
 
だいたい大変な方に向かって進んでいる場合って、この最初の地点からどんどん言うことが変わっていってやることも雑になっていって、結局自分が辛くなってることがほとんどなんです。
だんだん話が変わっていってん?結局貴方は何がしたいの?となってくる。
 
軌道修正したら、次に今までやってきたことから得た成果物をピックアップします。
人、物、事。何かやったら、必ず成果物があります。
少なくても一番大きくて大変【器】はもうできているじゃないですか。
なされなかったことは、ま~箇条書きにしておいて、やらないようにしようと思っていれば良いです。
 
でも、なんと言ってもここが一番できない。
いろいろ素直に認められないからね~。
誰かに言ったりしなくて良いから、自分で認めちゃいなよ~とか思います。(あ~耳が痛い!耳が痛い!)
 
耳が痛いことを考えたりするって、つまり自分の弱点に向き合うことでもあるので、非常~っにキツイ!
泣く泣くやるワケです。
一人でできなければ、誰かの手を借りることでもいい。
私もグサグサやられています。(現在進行形)
とはいえ、少しずつですが凝り固まった思考がほどけていくと、逆に楽になっていくんですね。
 
ここをちゃんと整理すれば、すでに器はあるわけですから、再スタートするのは楽ですね。
楽なはずです。
 
エステだからエステのお客さんじゃないと
美容師だから、ヘアのお客さんじゃないと
花屋だから、花を買ってもらわないと
もしくは
私はセラピストだから、セラピーをしないと
ピアニストだから、ピアノを弾かないと
 
そろそろ、そんな自分で苦しめるだけの枠をから抜け出したいですね。
 
5073813653_b23c63208a_o.jpg
 
1
PAGE TOP